アトピーに負けない!

アトピーを学ぶ

アトピーが痒い原因とその対処法

アトピーが痒い原因とその対処法 皮膚に張り巡らされている神経というのは、身体の奥深くから表面まで続いています。
アトピーになると、神経を過敏にさせる物質が多々分泌されるため神経線維が通常よりも長くなるため痒い状態になります。
分泌されるのはヒスタミンという物質ですが、この他にも複数の物質が痒みを生じさせることが判明しています。
また、痒いという感覚を感じさせる神経には受容体と呼ばれるものが存在しておりヒスタミンと結びつく特性があります。
ヒスタミンが受容体と結合することにより、さらに痒さが強まります。
アトピーによって強い痒みを感じてしまった時は、対処法として冷やすことが有効的です。
本能のままに掻いてしまうと皮膚が削れてしまい、汁が出てきてしまいます。
汁は患部を広げてしまう原因になるので、分泌させることは禁物です。
冷やす時は冷やしたおしぼりなどが好ましいですが、近頃はスプレー式で吹きかけるだけでピンポイント的に冷やせる製品もあります。
また、アトピーの痒みには椿油が効くと言われることがあります。
スプレー式の椿油を冷蔵庫などで冷やしておき、患部に対して吹きかけることで症状を抑制させられます。
手元に対策グッズが無い時は絶対に掻かずに無視するといった対策を講じましょう。

痒いアトピーには保湿が大切です

痒いアトピーには保湿が大切です アトピーは保湿が重要だと言われています。
その理由は肌が乾燥しすぎていることで肌のバリア機能が低下してしまい、肌のバリア機能が機能していないためです。
人間の肌は肌の一番外側で外部の刺激から肌を守るための機能があります。
それがバリア機能で、分泌された皮脂や肌の水分が膜となってウイルスや細菌、誇り、紫外線などの刺激から肌を保護しています。
しかしアトピーの人は乾燥してしまっていることでそのバリア機能が上手く機能しなくなり、炎症を引き起こしてしまうのです。
痒いアトピーは肌の保湿を行うことでバリア機能を復活させ、外部の刺激によって影響を受けない肌を作ることが重要になってくるのです。
痒いアトピーは肌バリア機能が低下しているため、保湿のための成分選びには十分に気を使うことが重要です。
低刺激を謳っている化粧品などでも痒みや刺激を感じてしまうことがあるため、香料や添加物が配合されていない物を選ぶようにしましょう。
何を使って良いのか迷ってしまった時にはワセリンでも十分です。
病院で処方される軟膏の基剤として使われているため安全性が高いのが特徴です。
他の植物や動物を基にしたオイルなどは人によって合う合わないがありますが、ワセリンはその心配がありません。

オススメのアトピー関連サイト

かゆみ撃退法や、アトピーに効くと話題のおすすめサプリを紹介

アトピー 痒くて眠れない

 
 
Copyright (c) 2016 アトピーに負けない!. All rights reserved.